恋愛がうまくいかない原因

恋愛がうまくいかない原因は様々だと思います。

私は恥ずかしながら、ここ数年婚活を始めるまで、

恋愛や結婚についてあまり深く考えたことがありませんでした。

そのうち自分にピッタリな人があらわれて結婚するんだろう、

くらい軽く考えていました。

 

今までで一番ショックだった別れは29歳のとき。

長年付き合った遠距離恋愛だった彼と別れたときでした。

その時は遠距離がもう何年も続いていたので、30歳を目前にした私は

「このまま遠距離を続けても何も変わらない。

 結婚するか別れるか、どちらかハッキリしましょう。」

と話をしました。

実はその半年くらい前から、少し怪しいなと思うこともあったのです。

 

なので、結局別れることになって、もちろん泣いたし悲しかったけれど、

その原因は「遠距離」「彼の浮気(心変わり)」「彼の優柔不断なところ」

だと思っていました。

もちろん、彼に結婚を決断させることができなかった私にも

足りないところがあったとは思っていましたが、

それについてあまり深く考えていませんでした。

 

その後、30代ではあまり恋愛が長続きせず、

婚活を始めてもなかなかうまくいかなくて、

ようやく自分の恋愛について向き合って考えるようになったのです。

 

遠距離の彼と付き合っていた当時、

私は、自分では彼に「尽くしている」と思っていました。

でも、今になって考えるとそれはただの自己満足で、

本当に彼がしてほしいと望んでいたことだったのかは疑問です。

 

 

朝、私が通勤で駅に着くころ起きる彼に、毎朝モーニングコールをし、

月に1回は遠距離の彼に会いに行っていました。

当時私は実家暮らしで彼は一人暮らしだったので、

その方が良いと思っていたのです。

(遠距離になった当初は彼が月に2回くらいのペースで出張があり、

私のいる地方に来ていたので、私が行くことは少なかったです。)

 

でも、遠距離の彼に会いに行くことも、彼は仕事が忙しいから私が行かなくちゃ、

と独りよがりな考えで、

しかも、自分の予定がこの週は空いているからと

「この週末に行くね!」とほぼ決定のような感じで話していました。

 

これって、全然相手のことを考えていないですよね。

当時の私は彼が本当はどうしてほしいと思っているのか、

彼は何を考えてどうしたいと思っているのか、など全く考えていませんでした。

 

彼はあまりアクティブな方ではなかったので、

私が提案したことはだいたい「良いよ」と答えてくれていたので、

それでうまくいっていると思っていたのですね。

確かに喧嘩もほとんどなかったですし、それなりにうまくいっていました。

でも、長年付き合っていたにも関わらず、

彼の心の深い部分は知ろうとしていなかったし、

だからこそ、結婚を決意させることができなかったのだと今では分かります。

 

それに、彼だって本当に好きな相手なら自分からもっと会いに来ますよね。

彼が会いたいと思う前に私が会いに行っていたので、

常に彼をおなかいっぱいな状態にさせてしまっていたんだと思います。

(私が行かなかったところで、彼が会いたいと思ってくれたかどうかは

今となってはもうわかりませんが・・・)

 

そして、私自身もちろん彼のことを好きだったけれども、

彼の前で飾らずにありのままで居られたかというと

そうではなかったような気がします。

彼は結婚相手の条件としては申し分なかったので、

それで「結婚」を焦っていたのだと今ではわかります。

 

こんな単純なことに気づくのにずいぶん時間が掛かってしまいましたが、

次は、もっとお互いを深く知れるように、独りよがりにならないように、

お互いに本心、本音で向き合える恋愛をしたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です