素直になるということ

私はずっと自分のことを「素直」だと思っていました。

性格的にそんなにひねくれていないと思うし、

良いか悪いかは別として、人の言うことはすぐに信じてしまうし、

ヒューマンなドラマや映画にもすぐ感動してしまう。

 

しかし、ここ数年、恋愛、婚活がうまくいかないので、

自分なりにいろいろ考えたり、いろんな方のブログを読んだり、人に相談したりしているうちに、

素直」に感じることはできるけれど、

素直」に発言・行動ができていないんじゃないかと思うようになりました。

 

さらには、「素直」にアウトプットできないがために、いろいろうまくいかなくて、

そのうちインプットまでが「素直」にできなくなっているんじゃないか、と最近は思っています。

 

どういうことかというと、

周りの空気を読んだり、相手の気持ちを考えたり深読みしすぎたりして、

自分の気持ちを抑えて「良い子ちゃん」な発言・行動ばかりしてしまい、

さらには、自分が発言するときにあれこれ考えすぎるもんだから

人からの言葉や態度に対してもあれこれ考えすぎて、

結果、「素直」に受け取れなくなってしまっているのです。

 

これって、先日の「自分を大事にするために」で書いた

「自分をないがしろにしている」っていうのと同じですよね。

 

それを思ったきっかけはある方の言葉です。

その方がおっしゃったのは、

私は「感情・意識・言葉・行動」がずれやすいのでは?という指摘でした。

それを聞いてハッとしました。

私はるべき自分」に囚われすぎて、それを「現実の自分」と錯覚してしまっているんですね。

そして、その「あるべき自分」ならこう考える、こう思うだろうと無意識に考え

それを「自分の感情だ」と思い込んでしまっていたのです。

そして、その思い込みの「感情」にしたがって発言・行動していたんですね。

 

では、なぜそうなってしまったのか。

おそらく、子供のころ無視されたり、仲良しだと思ってた友達に心無い言葉をかけられ、

傷ついたことがトラウマとなり、

周りに嫌われないようにと無意識のうちに「良い子ちゃん」発言をするようになってしまったんですね。

それが長い間続いて、自分の感情と言葉がズレていることにすら気づかなくなってしまった。

 

でも、結局嫌われないように八方美人な発言・行動するのって

誰にもさほど嫌われないかわりに、誰からも強烈に好かれないんですよね。

私の恋愛・婚活の弱点はこのあたりではないかと思っています。

 

おそらく今の私は、本音で喋っているつもりでも、その言葉は感情からほど遠いところにある。

私の「本心」はなんなのか、

私はほんとうはどうしたいのか、

私はほんとうは何が好きなのか、

を知るのが、今の私には一番必要なことじゃないかと思います。

 

自分の中の「あるべき自分」をとっぱらって

本当の意味での「素直な自分」に出会いたい!

それができたとき、どんな自分になっているのか楽しみです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です