自分を大事にするために

私は潔癖症ではありません。

ものすごくきれい好きでもありません。

むしろ埃では死なないと思っています(笑)

もちろん定期的に掃除はするし、そこそこキレイにはしています。

 

ただ、友達が来るときはきっちり片付けてキレイにするのに、

自分ひとりだと、また部屋が雑然としてしまいます。

 

先日、友人と飲んだ後、全く予定にはなかったけど、少し友人の家に寄ったんです。

そうしたら来客の予定がなかったにも関わらず、こざっぱりとキレイに片付いてるんですよね。

 

ふと自分の部屋を思い出して、急な来客があった場合、ちょっと外で待ってもらわなきゃいけないな・・・と。

 

そこで、思ったんです。

人が来るときはキレイにするのに、自分一人の時は雑然としてるのって

自分のことをないがしろにしてるんじゃないかって。

自分の部屋なのに、自分が一番長い時間いるのに、

自分のために部屋をキレイで居心地のいい空間に保たないなんて

自分を大事にしていないなーと思ったんです。

 

それ以来、ちょっとしたことですが、小さな心がけで部屋をキレイに保っています。

例えば

・郵便物を置きっぱなしにしない。すぐに開封し、処理する。

床に物を置かない。

→これが一番大事!これを破るとダムが決壊するかのごとく部屋が散らかっていきます。

・一日に一回、クイックルワイパーで床の掃除。

・使ったコップをすぐに片付ける。

などなど。

 

一つ一つはとても小さくて、ごく当たり前のこと。

それを今までは面倒くさがってサボってしまうことが多かったんですね。

でも、こういうことを一つ一つていねいにすることによって部屋がキレイに保たれて

かつ自分もいい気分で心地よく過ごせています。

 

ていねいに暮らすことは、自分で自分をちゃんと大事に扱ってあげること。

他人に「私を大事にして!」と求める前に

自分で自分を大切に扱ってあげましょう。

 

ちなみにその友人の名言。

「床は収納場所じゃない!!!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です